岡山戦を終え、降格圏でのシーズン終了が決まった。

チームの一員としてすごく不甲斐ないし、個人的にもチームの力になれず悔しいし申し訳ない気持ちでいっぱいです。

けど責任転嫁したり、もっとこうしておけば良かった。などのベクトルを外に向けたり、過去を悔いても良い方向には進んでいかないと思う。

上記に逃げる事は簡単だ。

けど、僕らがするべきなのは、今、何ができるのかだと思う。

「今よりもどうすれば良くなるのか、自分には何ができるのか。」

残り3戦。

アウェイの新潟戦。九州ダービーの福岡戦。そしてホーム最終戦の愛媛戦。

熊本の誇りを胸に熱く闘おう。

ピッチの11対11で闘うんじゃない。

5000対11、10000対11。

ロアッソに関わる全ての人と共に1つになって闘おう。

「結果がでないから応援はやめよう」

その気持ちはわかります。

綺麗事と言われるかもしれない。

けどこの状況だからこそ力を合わせ1つになりましょう。

漫画ワンピースの中にこんな言葉がある。

「奇跡は諦めない奴の頭上にしか降りてこない!!」

諦めちゃいけない。みんなで力を合わせ乗り越えよう。

1つになった熊本の力をみせつけよう。

ロアッソを、熊本を、そして仲間を信じてやり続けることが、日本一のクラブへの軌跡になると僕は本気で思ってる。

サッカーには夢がある。

 

今、僕らにできること」への1件のフィードバック

  1. 君たちが小さい頃からロアッソ熊本に声援を送ってる、生粋の熊本サポーターです。
    自分の周りには、今年限りで声援をやめるって弱虫は、誰もいませんよ。
    新潟は無理ですが、福岡そして最終最後の愛媛。さらに来シーズンの始動、開幕。
    これからもずっと、続いて行くんです。熊本のプライドと希望のために。
    その灯を絶対に消すことがない様に、今我々に与えられた試練です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です